学校の授業でヒーローになる

  • 学校の授業でヒーローになる

学校の授業でヒーローになるには

不登校対応

集団塾(スクール形式)は予習を中心に授業をどんどん進めていく方法がとられていて、個別指導は復習中心の授業が・・・
一般的にはこのようにとらえられていますね。

なぜこのようなことが起こるかというと、集合型授業は「できる」レベルにどうしてもスピードが合わさって、ついていけない生徒さんも出てしまう。

このようなケースの場合は個別型授業で強化する必要があり、復習が必要になる。速いスピードについていく生徒さんは、お分かりの通りハイクラス 生徒さんです。

不登校対応

アシスト春日は個別型の指導塾ですので当然復習にも重点を置きますが、どちらかと言いますと、予習中心に授業を進めていく方針を取っています。

想像していただきたいのですが・・・

数学が大の苦手なお子さんとして、学校の授業は伏し目がち・・・先生にあてられても答えられないから挙手もできない・・・先生も指名しない・・・

このようなお子さんが、予習ができた状態で学校の授業が復習ですので理解できている、わかるから挙手をした・・・先生は驚いて答えさせると・・・「正解!!」

ハイクラスレベルのお子さんは当たり前の行動パターンですが、学校でヒーローになったお子さんのモチベーションは相当アップします。この状態が大変重要になります。

詳しくは、個別説明会にてお話しできればと思います。