速読力・思考力コース

速読力・思考力コースについて

速読力・思考力コースについて

速読の読解力と思考力

速読の読解力と思考力

読解力(基礎的読解力)

文章内容を正しく理解するために必要な基礎的読解力を養います。

思考力(算数的思考力)

問題解決の過程を考えて最適な選択肢を判断する力を養います。

速読トレーニングによる相乗効果

解答を考えるときなどの思考スピードそのものを鍛えることで効果的に読解力・思考力を向上させる。

速読の有効性

速読の読解力と思考力

受験当日に実力を発揮

入試などの試験では1点の違いが、順位・合否を分ける大きな差となります。

速読を身につけることで

  • 読む時間を短縮でき、思考や見直しの時間を確保します
  • 余裕を持って問題に取り組むことができ、ケアレスミスを防止します

次へ

限られた時間内での情報処理能力が問われる入試制度改革に対応できる

入試において「速読・精読力」「論理的記述力」は不可欠です。
速く正確に読み解く力は、国語に限らず複数の教科で役立ち、解答力アップにつながります。

大学入試センターの場合

高校受験の場合

中学受験の場合

学習の質が高まる

学習の質が高まる

速読を身につけることで

同じ学習時間でも処理速度が速いと学習量が増え、高い学習効果が得られます。また、反復学習の時間を確保することも可能になります。

読む・書く・聞く

次へ

処理速度を高めることで学習全般への成果が期待できる

読書速度と偏差値の相関関係

*小1~高3対象。ただし英語・理科・社会は中学生のみ
*国語391名、英語289名、数学396名、理科213名、社会212名
*小学統一実力テスト・小学合否統一テスト・中学合否 判定テストより集約

語彙力・表現力を学ぶ

語彙力・表現力を学ぶ

文章に触れる機会を増やし、グローバル社会に必須の語彙・表現力等を育みます

速読を身につけることで

限られた読書時間でも触れられる文章量を多くすることができ、語彙、表現力、読解力、記述力等を養う機会を増やす

次へ

異なる言語や価値観の人との情報交換やコミュニケーションに不可欠な力

小学生が1か月に読む本の冊数

※一般小学生:学研教育総合研究所調べ 2016
※速読生:株式会社SRJ調べ 2016